頬に出来たニキビを気にしている女性のイラスト
ニキビのメカニズム図解
頬に出来たニキビを指さししている女の子のイラスト
ニキビ発生のメカニズム

肌に赤いブツブツが出来る「にきび」は、皮脂の分泌が増える思春期だけでなく、思春期を過ぎた大人でも悩む人が多くいます。
ニキビの原因は様々ですが、主にホルモンバランスの崩れや食生活の乱れ、ストレス、腸内環境の悪化などが挙げられます。
そんなニキビに有効な「ニキビ治療薬」には様々な種類があり、中には副作用の出る薬もあります。
自分の症状に合ったニキビ治療薬を使いましょう。
また、ニキビ治療薬を使う時は、あらかじめ薬を塗るところを綺麗にしてから使いましょう。
そして、くれぐれも薬の貸し借りは行わないようにしましょう。
場合によっては、余計に症状を悪化させてしまうこともあります。

まず、ドラッグストアや薬局などで購入出来る「ニキビ治療薬」は、ニキビに直接塗りこんで症状を改善させるものです。
「オロナイン軟膏」や「クレアラシル」などが有名です。
患部に塗るだけなので気軽に使用できますが、一週間使っても効果が見られない場合は、迷わず専門医に相談しましょう。
また、お医者さんで処方してもらえる「ニキビ治療薬」もあります。
飲み薬の「ミノマイシン」や、塗り薬の「アクアチム」、「ダラシンTゲル」などは、ニキビの原因となる「アクメ菌」の繁殖を抑える作用があります。
個人輸入代行であれば、ダラシンTゲルのジェネリックを通販することも可能ですので、病院へ行く手間もかかりません。
supplementまた、女性の場合はホルモンバランスが崩れることで皮脂が過剰に分泌されることがあるため、「皮脂分泌抑制剤」としてビタミンB2やB6、ビタミンCなどの錠剤が用いられます。
そして、肌の新陳代謝を活発化させるための「シナール」や「ハイチオール」などの「ビタミン剤」も、ニキビ治療に用いられます。
このように、ニキビ治療には実に様々な種類の薬が用いられるのです。
また、これらの薬が身体に合わない場合は、漢方薬が用いられることがあります。