頬に出来たニキビを気にしている女性のイラスト
頬に出来たニキビを指さししている女の子のイラスト
ニキビのメカニズム図解

ニキビができやすいこととは

ニキビの種類

10代の思春期にできるニキビや20代以降に出来る大人ニキビなど、顔をはじめとして体の各所にできると悩みの種になります。
特に人目につきやすい顔にできるととても憂鬱な気分になることでしょう。

10代の場合、新陳代謝が活発であり、皮脂が毛穴に詰まることからできてしまう吹き出物になります。
そういった時には専用のニキビ治療薬などを使うようにするといいでしょう。
ドラッグストアなどにも売っている気軽に手に入るものとしては、クレアラシルやビフナイトなどがあります。
専用の洗顔料で肌を清潔にして、きれいでやわらかいタオルを使ってふき取ったあとにつけるようにします。

また、深刻な状態の場合には、皮膚科に行ってみるといいでしょう。
専門医の指示のもと、専用の塗り薬などを使ってみるといいでしょう。
一例として、スイスの医薬品メーカーのガルデルマと塩野義製薬が出しているディフェリンゲルがニキビ治療薬として評判がよいので使ってみるといいでしょう。

スキンケアも大切です。
テレビなどでも宣伝をしているプロアクティブなどはかなり効果があるとのことで、人気があります。

大人ニキビの場合では、ストレスや生活習慣によってできやすくなるので、生活を整え、食事などに気を使い、さらにはストレスのない心穏やかな生活を心掛けるといいでしょう。
野菜なども取り入れながら、バランスのよい食生活を送り、さらにはニキビができやすいとされる食品を避けるようにするといいでしょう。

もちろん、ニキビというのは遺伝的な体質も関係するものなのです。
ですから、自分の体質をよく知って、それに合った対処方法を考えていくのがいいでしょう。
ニキビ治療薬を上手に利用して、つるつるのお肌を獲得したいものです。