純米酒を使ったコスメでスキンケア
頬に出来たニキビを指さししている女の子のイラスト
ニキビのメカニズム図解

ニキビができる場所によって分かる体調とは

頬に出来たニキビを気にしている女性のイラスト

ニキビができるのは、皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、それが吹き出物になってしまったりするものです。
これは、10代のときの新陳代謝が活発な思春期ニキビと20代以降の大人ニキビに分けることができます。
10代のころでは、顔の中でもおでこや鼻、眉間などにできることが多かったのが、20代の大人ニキビでは頬や口のまわり、あごなどに位置が変わってきます。
ニキビの出来る場所によって、その人の体調もわかるものなのです。

Tゾーンなどにできるのは、毛穴に皮脂が詰まっているのであり、きれいに落とすことが大切です。

次に口のまわりにできるのは、大人ニキビによくあることですが、ストレスや胃腸が弱っていることからできるものなのです。
あごや首にできるニキビは男性ホルモンが関係しており、生理前やホルモンのバランスの崩れが原因になります。
ストレスをためずに生活することを心がけるようにしましょう。

また、頬にできるニキビは、冷えや便秘、肝機能の衰えなどが関係しています。
お酒の摂取に気をつけたり、冷えや便秘を解消するように、体の温まるものや繊維質の多いものを摂るなどの工夫をしていくといいでしょう。

これらに対応するニキビ治療薬としては、いろいろな物が出ています。
薬局などで手に入るものもありますので、患部に使ってみるのもいいでしょうし、皮膚科の医師に相談しながら、処方箋を出してもらい、症状に合ったニキビ治療薬を使ってみるのもいいでしょう。
また、最近は洗顔料や化粧水など、ニキビ専用のものも出ているので、口コミなどを参考に試してみるのもいいでしょう。

まずは生活を見直しながら、ニキビ治療薬なども併用して、きれいなお肌に治していくようにしたいものです。